蟻の音

DJ 蟻 a.k.a. SoniCouture~おとつかい~ offical Blog。Electronica,Breakbeats,Techno,HIPHOP,Dub,Rock,Classic等の音楽に関連するDISCレビューやLIVE・PARTYレポ、DJ・DTM機材、書物・映画・TVや社会問題等について新旧問わず取り上げていきます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
Bjork in 日本武道館 2008.2.22

Bjork in 日本武道館 2008.2.22
bjork 2-22-1

いや~、もう1ヵ月近く前になるのが信じられませんが行ってきましたBjorkのジャパン・ツアーに。僕は2/22(fri)の日本武道館の公演です。チケットを取ってくれた友人のお陰でアリーナ正面、前から2ブロック目、最前列という素晴らしい席だったので音響的にもバランスが良くほっとしました。武道館は音響悪いですから。
結論から言うと素晴らしかった!神でした!!! Bjorkは熱狂的なファンが多いため、それが逆に彼女に対する敷居を高くしている感があり、聴かず嫌いの人も多いのではないかと思います。かくいう僕もそうでした(苦笑) しかし、FUJIROCKで初めてライブを観て、自分が何という勿体無いことをしてきたか痛感しました。彼女のLIVEは死ぬまでに1回は観ておいた方が良いと思います。音楽観が変わる程の衝撃を受けるはずです。

bjork 2-22 
海外のvoltaツアー

彼女のLIVEの何処が凄いかというと、楽曲を超えてしまっている点にあります。曲を知っていようがいまいが、関係なく感動します。いや、かえって知らないほうがより純粋に音楽が入ってくるかもしれません。1つ1つの音が恐ろしい表現力を持っており、魂の根源的な部分を揺さぶられます。まるで母親から産まれでて、世界を初めてみた見た時の衝撃のような感じです。美しい自然を見て、知らないうちに涙が出た。そんな感じでしょうか。そして、楽曲・編曲レベルの高さです。いまスタジアム・クラスで先鋭性、芸術性、ポピュラリティをこれだけの高いレベルで同時に成り立たせる事ができるのは、間違いなくBjorkだけだと思います。しかも、それがエンターテーメントとしてきっちり成立させることができるなんで怪物です。そう、Bjorkは怪物です。少々の才能では絶対に到達することのできない高みに彼女は住んでいます。彼女を敬遠する人が多いのも頷けるような気がします。何故なら、あのLIVEを観れば、心から感動すると同時に自分の凡人さに少し凹みます。観た人に音楽の才能があればあるほど、凹みぐあいが酷くなるんじゃないでしょうか(笑)そう、モーツファルトをみたサリエリのように。それぐらい誰も到達できないレベルでLIVEをやってのけます。LIVE中の彼女は自由気ままです。音に反応して自由に踊り、走り、叫びます。そしてあの魂を揺さぶる声で歌うのです。もしかしたら、Bjorkは音楽そのものになれる最後のアーティストかもしれません。彼女を同じ時代に生きることができて、本当に感謝しています。

■音楽を更新し続けるBjorkという稀有な存在
TENORION ビョーク

最近の全世界的な音楽CDの販売不振はダウンロード販売や違法ファイル化のせいだとか言われていますが、僕はそれだけが理由なんだろうかと疑問に思っています。確かにこれらは間違いなく原因の一要因であると思いますが、僕はもっと本質的なモノが原因ではないかと思っています。それは新しい音楽の概念を提示できているアーティストが殆ど居ない。どれもこれも昔の焼き直しみたいな曲ばかりです。未だにギター、ベース、ドラム、ボーカルの固定観念から抜け出せず、「YEAHー!」とか叫ばれても、もう飽きたよ。それが真相ではないでしょうか?今までのフォーマットでは全ての事がやり尽くされてしまった現在、マーケティングに頼りきった音楽製作の現場から何も新しいモノは生み出されません。

今回のツアーでBjorkは最新のインターフェースを備えた新世代の楽器を導入していました。僕が確認できただけで、TENORI-ON、Rectable、Lemurの3種類ありました。ここでいっておきたいのは新しいから良いというのではなく、音楽的に新しい試みに挑戦するためにBjorkはこれ等をチョイスしているという点です。これ等以外でもエレピやドラム、管楽器など旧来の楽器も沢山使用しています。必要だから使ってみる。この新旧織り交ぜたバランス感覚は絶妙です。だから彼女の作品には新しさと、心地良さ・安心感が同居しているのでしょう。過去を否定することなく、常に先に進もうとするこの姿勢こそがBjorkを稀有な存在として成り立たせているのではないでしょうか。
以下、Bjorkも使用している次世代インターフェースを備えた楽器達です。


TENORI-ON(YAMAHA)
http://www.yamaha.co.jp/tenori-on/
現在、イギリスでのみ先行発売されている日本の誇る天才 岩井俊雄氏が全く新しい概念として開発したTENORI-ON。この春には遂に日本でも発売されそうです。欲しい~!!!


Rectable
世界に開発者が持つ1台しかなかったそうなのですが、Bjorkが気に入ったため、もう1台特別に製作されたそうです。だから今現在、世界に2台しかありません。プログラム自体はオープンソースで公開されているので、この辺の知識のある方はカメラとプロジェクター等を使って自作はできるらしいです。僕には無理ですがw 製品化されないかなあ。


Lemur(JazzMutant社)  
http://www.jazzmutant.com/lemur_overview.php
少し前に海外で発売されたLemurはタッチパネル形式で色々コントロールできる優れモノ。欲しいんですが価格が1台 50万円ほどするらしいんで高値の華ですw

■追記
FUJIROCK時のBjorkのLIVEは霧雨が降っていました。この年のFUJIは3日間、殆ど雨でウンザリ。LIVEが始まる前、この霧雨は酷く嫌なものでしかありませんでした。しかし、LIVEが始まり彼女が歌い始めるとまるで霧雨が演出だったかのように幻想的な風景へとくるりと逆転します。さっきまであれだけ嫌だったものが素適なものに、祝福してくれてるかのように感じられた、あの衝撃は今でも忘れません。本物の表現者は全てを虜にできる、自然さえも超越した存在なのだと実感させられました。そして、今回の武道館LIVEでも新ためて再認識。今年はこれを基準にLIVEを観てしまうので、そう意味では今年はもうこれ以上の感動は味わえそうのないのが困ったところです(笑)

スポンサーサイト
御礼!!! moph x SDLX new year salon photo日記
御礼!!! moph x SDLX new year salon photo日記

先日、Numb x Saidrum、Ametsub、Sabi 、mophONE x RYU KONNOを軸に様々なアーティストを招いたmoph x SDLX new year salon、無事に終了することができました。この日の様子をphoto日記風に♪

sabi20080202a.jpg
sabi20080202b.jpg
Sabi (Saag/Merck)

ametsubu20080202b.jpg
ametsubu20080202a.jpg
Ametsub(PROGRESIVE FOrM / drizzle cat)

Numb x Saidrum 20080202a
Numb x Saidrum 20080202b
Numb x Saidrum (ekoune sound)

お陰様で本当に多くの方に御来場頂きました。本当にありがとうございます!感謝してもしきれません。そして今回は、多く方にサポートしてもらいました。出演者・関係者の皆様、お疲れさまでした。本当に良いPARTYなったので、ホッとしてます(笑)

mophone 20080202a
mophone 20080202c
mophone 20080202b
mophONE x RYU KONNO--moph record×SDLX--

ossa 20080202
isobe akiko 20080202

この日集った全ての愛すべき人達に『感謝』と、『幸』があらんことを!

moph record 蟻
Last Day of Winterの想い出♪
Last Day of Winterの想い出

i am robot and proud、アセンブラ (竹村延和+Fylue Deau)、トクマルシューゴ、
Ametsub、Kashiwa Daisuke、Shuta Hasunuma、Miyauchi Yuri、group_inou、
Himuro Yoshiteru、6955、sokifが出演し、1/4に行われたLast Day of Winterの写真をUPします。お陰様で大盛況に終わり、お正月にもかかわらず330人もの方が来場してくれました(驚)もし、これを夏とかにやっていたら、入りきれなくてパニックになっていたかもしれません。プラチナチケット間違いなし!(笑)

蓮沼-ski
Shuta Hasunuma(リハ風景)       sokif
Shuta Hasunumaさんは今回はドラムも叩き、CDとは違ってBeatが前面に押し出されたライブで、良い意味で期待を裏切られ、カッコ良かったです。sokifさんは少ししか聴けなかったのですが、心地良い音を奏でていて、 6Fのオープニングに相応しいライブでした。

柏 他
Himuro Yoshiteru               Kashiwa Daisuke
Himuro Yoshiteruさんは残念ながら殆ど聴けず。Kashiwa Daisukeさんも、CDのイメージとは違って、スクエアプッシャーばりのBeatと叩きつけてくれました。でも、Beatの中でふわっと浮き上がるメロディのカケラからKashiwa Daisukeさんの暖かさが感じられ、激しさと心地良さが同居した素晴らしいライブでした。 

アメツブ イノウ
Ametsub                    group_inou
Ametsubさんは最初はスローテンポで始まり、徐々にあげていく感じでした。やはりこの人の奏でる音の世界はとても美しく、透明な音が戯れる感じは最高でした。 逆にgroup_inouは最初からアッパーで楽しいライブを展開!盛り上げ方を知ってる強者でした。

竹村
アセンブラ (竹村延和+Fylue Deau)
この日、一番面白いと思ったのは、やはり竹村延和さんでした。アセンブラ名義なのでもっと前衛的にいくのかなと思っていたら、想像以上にPOPにやってくれました♪やっぱり音の捉え方がワン&オンリーで天才って凄いなと感心しました。

ショウーハン
i am robot and proud
そして最後はおまちかねi am robot and proud。ピコピコ♪ポコポコ♪鳴る音はホント幸せな気持ちさせてくれます。こちらも前回よりもBeatが充実した感じになっていて、ノリノリでした。

とまあ、DJしていたため、観れなかったactもありましたが、暖かいバイブレーションに満たされたステキなイベントで楽しかったです。僕のDJでは自分ではちょっと微妙だったかな(笑)でも、良かったと言ってくれた方もいらっしゃったので、ボチボチだったのかもしれません♪そうそう、あと出演者以外にもPiana、aus、cokiyu、mophONE、Luca Luca Don Chikkuなどアーティスト・音楽関係者も沢山遊びに来ていて、さながら新年会のようだったなあ。i am robot and proudがPianaのファンだったことが発覚したり、面白かったです(笑) こんなステキなイベントに参加でき、誘ってくれたCMFLGとa place in the sunの皆さんには感謝感謝です。そして、何よりこの日、遊びに来て、素晴らしいバイブレーションを作ってくれた沢山の皆様、ありがとうございました!

E-NAUTの想い出
E-NAUTの想い出

もうあれから1ヶ月以上も経ってしましたしたが、10月に末に行なわれた海抜250mの電子音楽祭 E-NAUTの写真をUPします。ここ最近は忙しすぎて全然更新出来てなかったのですが、久しぶりに頑張ってみました。

10/20(sat) E-NAUT
MUSEUM CAFE MADO LOUNGE(六本木ヒルズ52F)


まずリハで会場入りした時に、改めてこの会場のロケーションのヤバさを痛感。この夜景を見に来るだけでも価値がありました。さすが六本木ヒルズだけあって、空間の造りもバブリー。アフリカン系の方がセキュリティやってる箱でDJなんて初めてでした(笑)

20071208000734.jpg

この日は満員御礼、500人近く来場してくれたそうで嬉しい限り。来てくださった皆さま、本当にありがとうございました!上の写真の2段目は僕が運営に携わっているmoph recordから来年の春にデビュー予定のmophONEのLIVE風景。過去最高のLIVEを繰り広げてくれました。3段目はTAKAMORI K.さんとロサンゼルスから来日したGUSTAVO ALBERTO GARCIA VACA、このコンビもデトロイト魂炸裂って感じで素晴らしいPLAYでした。

20071208000805.jpg

こっちの上2段はサブライム・レコードの新鋭、ポスト レイハラカミの声も上がっているMASAKI SAKAMOTOさんとゲスト・ボーカルのYUKALICIOUSさん、アルバムより生音が多くて意外でしたが、ロケーションにぴったりのシックなLIVEでした。そしてその下はもはやDJ界の重鎮 川辺ヒロシさん。音響的な4つ打ちサウンドで、後ろのオーディエンスまで両手上げさせていたのはまさに圧巻でした。

で、僕のDJはというとまあまあのデキでした。でも、結構、来てくれた皆さんからお褒めを頂いたのでそれなりにはできていたのかな。ちなみに自分で自分を撮ることはできないので上記に僕の写真はありません(笑)
有意義だったのは、まずMadoLoungeではかかったことがないであろう
aus,MOTORO FAAM,Jimanica×Ametsub,No.9,Kasiwa Daisuke, ulrich schnauss,
manitoba,eater,dublee,HULOT 等々をかけれたこと。 この辺は知ってる人は良く聴くけど、知らない人はなかなか耳にする事がないだろうから、ああいった場できちんとダンスミュージックとしてDJでかけれたことは良かったかなと思います。

またいつかここでDJしてみたい、そんな良い夜を過ごせました。



"textile"releace party REPORT
moph record show case vol.01
"textile"releace party REPORT


20061107143641.jpg

2006.11.05 (sun)
moph record show case vol.01
"textile"releace party
@六本木SuperDeluxe

OPEN/START:17:30

moph record→こちら

日曜日に六本木SuperDeluxeで開催されたmoph record show case vol.01"textile"releace partyで急遽DJさせて頂きました。とても多く方が来場して下さり、嬉しい限りでした♪僕はmoph recordの方から、textileの音源を使って自由にDJして欲しいと言われましたので『textile』 Special DJ setとしてPLAYしてみました。TOPバッターだった為、なかなか難しかったですが、BESTは尽くせたと思います。wegをかけたら、fourcolorさんとpianaが喜んで下さり嬉しかったです♪

しかし今回、DJの方の写真を撮り忘れるという大失敗をしてしまい、残念ですが今回はのphotoレポートはLIVE actのみです。
springmanさん、naokiさん、kaoruさん、すいません...(泣)

2.jpg
fredricson (thanks giving)
ラップトップ、ピアノ、マイク等を使ってとても多彩な音で、素晴らしかったです!

3.jpg
chib (fatcat records)
i-podに入れた音とピアノの即興を織り交ぜたLIVE。やわらかい音に癒されました♪

4.jpg
Lux Infinite (ex/ nutopia productions)
クリック系の4つ打ち meet JAZZといった感じの音でとってもPOP。華やかでした!

6.jpg
7.jpg
piana (12k happy / cubicmusic)
声とチェロの響きが最高で、とっても素敵なライブ!音から色んな風景がみえました♪

11.jpg
9.jpg
8.jpg
moph orchestra (moph record)
この日1番の声援はやはり主催者moph recordの皆さん♪佇まいが現代のクラフトワークのようw 今回は意表をついて、クリック・グリッチ系の4打ちで展開。カッコ良かったです。
音源が欲しいッス!

10.jpg
mergrim (moph record)
最後、2曲だけmergrimのソロが。この日会場のテンションが一番上がっていました!

12.jpg
fourcolor (cubicmusic / 12k)
13.jpg
fourcolor+piana
最後の締めにふさわしい貫禄のある音像を展開♪まさに圧巻でした!
最後はpianaとのコラボ曲で終わって、ほっこり♪

以上、ざっと振り返ってみましたがとっても素敵なパーティで、個人的にも楽しかったです♪沢山の来場者、良い音楽、良い空間、全てが揃っていました。短い転換時間もDJやらせて頂いたり、良い刺激になりました。僕ももっと頑張らないと、むむむむむ...。

御来場者の皆様 及び 関係者の皆様、ありがとうございました。お疲れさまでした!


Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。