蟻の音

DJ 蟻 a.k.a. SoniCouture~おとつかい~ offical Blog。Electronica,Breakbeats,Techno,HIPHOP,Dub,Rock,Classic等の音楽に関連するDISCレビューやLIVE・PARTYレポ、DJ・DTM機材、書物・映画・TVや社会問題等について新旧問わず取り上げていきます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ableton / Live 5
ableton Live 5

live5_466_252.jpg

7月下旬発売予定!価格未定 ※2005年6月1日以降にLive 4をお求め頂きアンロックされた方は、Live 5に無償アップグレード(ダウンロード)できます。
LIVE5の詳細はこちら
日本総販売代理店 株式会社ハイ・リゾリューションのHPはこちら

制作からパフォーマンス、音楽を供給するまでのすべての作業を直感的にこなせ好評な音楽制作ソフト ableton Live のversion5が遂にリリースされます。ついこの間、4に上がったような気がしますが、1年ごとにどんどん改良されていってることから、それだけ人気があるんでしょう。ELECTRONICA系のLIVEでも頻繁に使用されています。
新機能についてはこちらをご覧下さい。ableton Live 5

ちなみに僕はまだ3です(笑)あげようかなあ。う~ん。
スポンサーサイト
携帯デジタル音楽プレーヤーおける圧縮による音質について
携帯デジタル音楽プレーヤーおける圧縮による音質について

前々から音楽をMP3(i-TUNEはAAC)等に圧縮した時の音質について取り上げてみたかったのですが、生来のサボり癖で未だ資料を集めて読んでるような状態です。が、ソウコウしているうちにitmediaさんが2005/04/14付けで興味深い特集記事を組まれていたので紹介します。特に2ページ目が重要です。

IT media 2005/04/14
メモリプレーヤーの“音質評価”は難しい!? http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0504/14/news003.html

[携帯デジタル音楽プレーヤーおける圧縮による音質について]の続きを読む
PIONEER DJM-1000/EFX-1000発表!
PIONEER PRO DJ
海外ではインフォメーションが出てましたが、国内でも遂に店頭で販売されるようです。

DJM-1000.jpg
DJM-1000

DJM600の後継機として期待してたんですが、店頭売価で¥298,000前後のようです。買える訳が無い(笑)しかもこれにはエフェクターついてません。その代わりセンドリターンが3系統付いているそうです。下のEFX-1000を買って付けろということか。つまり完全業務用です。クラブではRODEC辺りのシェア率が高いんで、音を徹底的に改良して喰い込んで行こうということなんでしょう。


EFX-1000.jpg
EFX-1000

で、次のこれは欲しい!エフェクターなんですが前機EFX-500には無かったPITCH ECHO、FILTER、PHASER、HUMANIZER、VOCODERが追加されている!特にFILTER、VOCODERは欲しかった!しかもDIGITAL IN/OUTが装備されてるんで制作にも使いやすくなりました!価格は5万円前後かな?欲しいけど金が...。


cdj200.jpg
CDJ-200

新機能としてMP3ファイルを記録したCD-R/RWディスク対応、ループ機能、TEMPO RANGE±6%、±10%、±16%の3変化可、DIGITAL OUT端子とCDJ-100より更にパワーアップ!ループとデジタル・アウトが良いっすね。テンポは±100%ぐらいはいって欲しかった。あと簡単なスクラッチも欲しかったな。MP3対応は個人的にはどうでもいいけど(MP3はCDに比べ1/10程のデータ量の為、たぶんCLUBでかけると音がスカスカに聴こえると思う)店頭価格は¥49800前後のようです。

EFX-1000は欲しいなあ。
Super Shuffleは本当に出るのか?
Super Shuffleは本当に出るのか? 

20050401120040.gif

20050401150440.jpg

3月初旬に話題になったLuxpro(台湾)「Super Shuffle」ですが販売されることはないと、ここ数日の間、色々なBLOGで取り上げられてます。出処はengadget記事です。
が、Luxpro(台湾)では「Super Shuffle」→「Super Shiner」→「Super Tangent」と次々と名前を変えて、Flash使って宣伝中です。やはり売るのか?出るのか?出て欲しい!売って欲しい!

発表された仕様では、iPod shuffleにはない
FMチューナー、ボイスレコーダー、ベースブーストが搭載され、
MP3、WMA DRM付きWMA、WAVにも対応。(AACおよびFairPlay付きAACには非対応)
重量は同じで、大きさは1.2ミリだけ厚みがあるぐらい。
メモリ容量は512Mバイトと1Gバイトの2種類。
ストレージに対応で、Windows 98SE以降のWindows、Mac OS X 10.0以降をサポート。

丁度、USBメモリが欲しかったんで、どうせならiPod shuffleにしようと考えてた矢先の発表だったんで、こっちの方を買おうと思っていました(ボイスレコーダーが欲しい)。で、販売はある、ないなど情報が錯綜していますが、今後の推移を見守りたいです。でも、あまり焦らされるようなら本家「iPod shuffle 1G」買っちゃいそうですが(笑)   どうなることやら...。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。