蟻の音

DJ 蟻 a.k.a. SoniCouture~おとつかい~ offical Blog。Electronica,Breakbeats,Techno,HIPHOP,Dub,Rock,Classic等の音楽に関連するDISCレビューやLIVE・PARTYレポ、DJ・DTM機材、書物・映画・TVや社会問題等について新旧問わず取り上げていきます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
Touch the Sound
Touch the Sound

20060327104347.jpg

2004年/ドイツ・イギリス/カラー/100分/
配給:ソニーコミュニケーションネットワーク
監督・撮影:トーマス・リーデルシェイマー
製作:ドイツ・フィルムクアドラッド
cast:エヴリン・グレニー(パーカッショニスト),フレッド・フリス(ギタリスト),オラシオ・エルナンデス(ドラム)
    鬼太鼓座ほか
■2004年ロカルノ国際映画祭 批評家賞受賞
■2004年ライプチヒ国際ドキュメンタリー映画祭 金賞受賞
■2004年The British Academy of Film & Television Arts賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞
■2005年ドイツ映画賞 最優秀音楽賞受賞

公式HPはこちら

主に前衛音楽,CLASSICを中心に活動する世界的パーカッションニスト エヴリン・グレニー。彼女は聴覚障害を持ちほとんど耳が正常に機能しない状態であるが、素晴らしい音楽を奏で続けている。それは音を聴覚だけで感知しているのでなく、体そのもので感じているからで、そんな彼女が『音に触れていく旅』をドキュメンタリー化したとても美しい映画です。
音は触ることができるんです♪

20060327104403.jpg

正直、誰が観ても素晴らしいと言える映画ではないです。前衛的な演奏を追って行くのですから、ある程度そちらの方面に明るくないと爆睡間違いなし(笑)ただ『音』というモノに興味のある人ならば、観て良かったと思える良い作品です。カテゴリー的には現代音楽に属する内容ですが、その音はまるでElectronica・音響系。まあそもそも、現代音楽とElectronica・音響系は表裏一体なんで、この辺が好きな人も観て欲しい作品です。音というものを深く考えさせられる内容です。劇中エヴリン・グレニーは日本も旅します。京都のカフェ・アンデパンダンでのLIVEのシーンは鳥肌ものです!

20060327185558.jpg
cafe independants(京都)

実は僕、映画の中のLIVEシーンを観ていて3回ぐらい拍手しかけました(笑)しかしエヴリン・グレニーは観ている限りじゃ聴覚障害があるなんてとても思えないです。会話の発音も流暢だし(まあネイティブ・スピーカーからみれば違うのかもしれないけど)もうひとつ印象的だったのは彼女が渋谷と新宿で立ちすくんでしまうシーンです。わかってはいたけど、改めて見せつけられると、僕等は何て酷い騒音の中に暮らしてるんだろうとショックでした。

20060327104313.jpg


音に興味のある方にはとても良い映画ですんで、是非観てみてください♪



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
こちらではお久しぶりです♪
この映画、雑誌に載っていて
すごく興味あったんですよ!
音には触ることができる・・
なんて感動的なコトバなんでしょう。

>渋谷と新宿で立ちすくんでしまうシーン
もしかしたら彼女は聞いてはいけないというか、聞かないほうがいい音を聞いてしまったんでしょうか。

いろいろ考えてしまうな~
すごく観たいです!
2006/04/02(日) 22:24:31 | URL | azzaro #FF3H9HIM[ 編集]
どうも!
こちらでは、ご無沙汰しています(笑)
実は密かに再開してます。
どうしても色々活動が混み入ると更新できなくて...
azzaroさんは更新をキッチリされるんで、脱帽です!

この人は皮膚に伝わる振動で音を感じるそうです。
打楽器を選んだのも、音のインパクトがあるんで空気の振動を感じやすいのかもしれません。

>渋谷と新宿で立ちすくんでしまうシーン

彼女は振動を身体全体で感じる為、ノイズなのか音楽なのか区別がつかなくなる事があるそうです。
それでバランスを崩してしまうみたいで、辛い事も多いようです。

でも、無邪気に音と戯れてる姿は子供のようにキラキラしていて素敵でした♪

azzaroさんなら、きっと楽しめると思いますよ!


2006/04/02(日) 22:49:58 | URL | 蟻 #-[ 編集]
東京でのシーンは失笑ものでした。下品というかダサイというか。まったく絵になりませんね。

その他はセンス良くて面白かった。
2007/12/02(日) 16:28:06 | URL | INI #-[ 編集]
確かに東京の渋谷、新宿あたりで撮影するとどうしても下品になりますねw
京都のシーンはやはり素適で気にいってます♪
2007/12/11(火) 10:17:43 | URL | 蟻 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。