FC2ブログ

蟻の音

DJ 蟻 a.k.a. SoniCouture~おとつかい~ offical Blog。Electronica,Breakbeats,Techno,HIPHOP,Dub,Rock,Classic等の音楽に関連するDISCレビューやLIVE・PARTYレポ、DJ・DTM機材、書物・映画・TVや社会問題等について新旧問わず取り上げていきます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
Electronic Evening ~ryoondo-tea live at Honen-in temple ~ / V.A.
Electronic Evening
~ryoondo-tea live at Honen-in temple ~/ V.A.


20060814131509.jpg
01.#431 / PsysEx
02.#437 / PsysEx
03.#435_ii(live~the forest of patchware"Tokyo to Kyoto")/ PsysEx
04.flutter / OTOGRAPH
05.Kingyo / OTOGRAPH
06.connect / plot.
07.interlude / plot.
08.rwunnhsa.htg / plot.
09.Cocon / snowefect
10.snowfall on Jis_eve / snoweffect
11.Joy_toy / snoweffect
12.snowflakes/snoweffect+TOSHIYUKI YASUDA
13.The Tenth Planet / TOSHIYUKI YASUDA
14.Augusta / TOSHIYUKI YASUDA
15.Migratory Birds / Firo
16.Fruits of thought / Firo
Label : 涼音堂茶舗
Catalog#: DES026
Released: 2006/07/27
Price :¥\2,730(tax in)

試聴は→こちら
artist infomertionは→こちら

DoFに続いてこの夏のサウンドトラックとして聴いて欲しい作品を紹介します。今年の春「サクラチルアウト」関東開催で話題をさらった涼音堂茶舗から素敵なLIVE盤がリリースされました。昨年2005年8月に京都・法然院で開催された「電子音楽の夕べ」のライヴを夏の夜の京都の虫たちの声も含めてパッケージ化♪僕が行った今年のサクラチルアウト@東慶寺でのライブで無いのが残念ですが夏にぴったりな仕上がりとなっています。サクラチルアウト@東慶寺に行った人も十分満足できるどころか、あの光景が鮮やかに甦えること間違いなし!個人的にはリズムのあるplot.さんが聴けて嬉しい限り。plot.のライブ盤とか出ないかなあ(笑)もちろん、他の皆さんも素敵な音です。これを聴けば3℃は気温が下がる事間違いなしw 涼音堂茶舗の入門盤としても最適な夏を涼やかに過ごせる良盤です♪

また、今月末には京都で「電子音楽の夕べ」が開催されるそうです。
メタモに行ってるので行けない...。

top_evening.jpg

8/27(SUN)electronic evening 2006
電子音楽の夕べ@京都法然院方丈


前売/当日(若干)¥2000 浴衣でご来場の方¥1000
*前売りお買い上げの方で当日浴衣の場合は差額お返しします
お茶席お茶券制(当日受付でお買い求めになれます)
live
Harp On Mouth Sextet(Imagined Records)
TOSHIYUKI YASUDA(MEGADOLLY)
snoweffect(ryoondo-tea)
firo(ryoondo-tea)
OTOGRAPH(ryoondo-tea)
PsysEx(ryoondo-tea,shrine.jp)

御映像:東京食堂(泉雄一郎+金澤健二+松下大吾)
御茶席:宮川尚子(陶板画家)
御茶碗:白琳窯(宮川真一+山本太郎)
御空間:一瀬敏子(ニホンバレ), 粟倉久達,藤本恵果
     吉田直未(書家)+足田メロウ(画家)

詳しくは→こちら

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
前作「クラシックス」の続きで、楽曲はやはり幅広く取り入れられています。個人的な印象では、このCDは穏やかな曲が多いかな、と。「ジュトゥブー」「ブラームスのワルツ」「悲愴」「家路」など、目を閉じて景色を思い浮かべながら聴くと、一層味わいが出ます。もちろん、
2007/09/28(金) 09:39:45 | LIVE盤がいいと思う
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。