蟻の音

DJ 蟻 a.k.a. SoniCouture~おとつかい~ offical Blog。Electronica,Breakbeats,Techno,HIPHOP,Dub,Rock,Classic等の音楽に関連するDISCレビューやLIVE・PARTYレポ、DJ・DTM機材、書物・映画・TVや社会問題等について新旧問わず取り上げていきます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
アメリカ村のママ 日限萬里子
アメリカ村のママ 日限萬里子 / 日限 満彦 (著)

日限さん
■判型/頁 : 四六判/258頁
■定 価 : 1,680円(税込)
■発 売 日: 2007/02/28
■発 行 所:小学館

大阪のDJ&クラバーは必読!竹村延和ファンも必読!
大阪のCLUBシーン黎明期がどのように形成されていったかが、きちんとした流れで書かれています。


この本はタイトルこそ「 アメ村の生みの親 」的な切り口で付けられていますが、その内容は大阪、いや関西のCLUB、ナイト・ライフ文化史の最重要文献です。

日限萬里子(ひぎりまりこ)さんは2005年3月14日に亡くなられました。プロデューサーとして多大な功績を残された方で、アメリカ村ができるきっかけや南堀江の隆盛の起爆剤を成し遂げたりされた方です。「 安藤忠雄はその場所に最高の建築物を作れるが、日限萬里子がその場所に店舗を作れば街ができる。どっちが凄いと思うか? 」という趣旨をおっしゃられてる方もいるほどです。

では何故、その生涯について書かれた本書が大阪のCLUBシーンに関係してくるのかというと、日限さんがもはや伝説と化してる大阪初の本格的CLUB 『 LIFE 』 を作ったからです。そしてそのレジデントDJは竹村延和。当時、まだ高校卒業したぐらいの全く無名の若者を大抜擢したのも驚かされます。もちろん、その時のエピソードも書かれています。読めばわかるのですが、良くこれで抜擢したなと思います。普通なら絶対に門前払いですw 頼む方も頼む方、採用する方も採用する方、どっちも凄過ぎます(笑)しかし、日限さんが拾わなければ、のちの世界の竹村延和は誕生しなかったわけで、竹村ファンは感謝してもしきれません!

LIFEはOPENしたのが1987年秋、場所は南堀江2丁目。当時はまだ大阪にCLUBという概念が全くなかった時代です。周辺住民や警察当局から目をつけられ、僅か1年半程で閉店に追い込まれてしまいました。その為に当時、大阪のナイト・ライフを本当に楽しんでいた強者しか知ることができず、後の若者は「 昔、LIFEってCLUBがあって、しかも竹村延和がレジデントやったらしい!」とか噂だけが語り継がれるようになったしまったのが、LIFEの伝説化の真相です。しかし、その精神は多くの人に受け継がれ、大阪に多くのCLUBが生まれるきっかけとなりました。少し前までは同じ場所、同じ建物で日限さんの弟さんがタイ料理店 シーラカンスとして営業されていました(現在は閉店)



街的店録 第一回『 シーラカンス 』でLIFEの外観が見れますこちら
(TOPと2段目の写真の角に建っている古い建物が元LIFE。)



CLUB以外でも大阪の若者は知らず知らずのうちに日限さんの恩恵を受けています。当時、殺風景で何もなかった倉庫街をアメリカ村へ発展させるキッカケとなったcafe『 LOOP 』(1969)。ディスコの先駆けとなり一世を風靡した『 パームス 』(1977)はLIFEへと続く布石にもなりました。( パームスのあったビルは先日まで営業していたCLUB FLATt(2007年3月6日閉店)のあるビルでCLUB FLATtが元パームスのフロア )そして『 LIFE 』の後に風営法を逆手に取りディスコCLUBとしてOPENさせた 難波『 Qoo 』(1990)(ディスコとして申請し、0時閉店だが合法的にCLUBとして機能させた)も彼女のプロデュースです。本書のQoo時代ではトランス系ですがヨージ・ビオメハニカ天宮志狼などのDJ達の黎明期にも触れられています。そして近年では南堀江の起爆剤となった『 ミュゼ大阪 ~MUSE OSAKA~ 』(1998)も日限さんのプロデュースです。



くいだおれ大阪どっとこむ<日限ママに聞く「南堀江」>でミュゼ大阪の外観が見れますこちら
(堀江公園に面したCAFEで、大阪っ子なら外観を見ればすぐ「あれか!」とわかるはず)



とまあ、日限萬里子さんは大阪の若者のLIFEスタイルを常に牽引してきた凄い方で、僕のような若造はお会いするはずもなく、只お名前だけは年上の人から良く聞いておりました。僕は大阪に居た頃、先輩のDJからLIFEとパームスの話を聞くのが好きで、「 LIFE行ったよ。高校生やったけど、歳 誤魔化して。」とか、「 パームス、あれはヤバかった! 」とかホラ話も含めて色々教えて貰いました。

生前、日限萬里子さんは『 Meets Regional 』という雑誌で1997~2000年まで
『 ママいるぅ? 』という御自身の歩みを振り返るコラムを連載されており、僕はそれを読むのを楽しみにしていました。人聞きでしか知らない『 LIFE 』の話を御本人が書いていたので、短いコラムでしたが何回も何回も読み返していたのを覚えています(笑)

その後、『 Meets Regional 』の別冊で『 日限萬里子と大阪ミナミの30年 』が発売されましたが、『 ママいるぅ?』コラムは収録されておらず、ガッカリしていたところ、今年に入って弟さんの日限 満彦氏により『 ママいるぅ?』を発展させた形で本書が発売されました。これを知った時は本当に嬉しかったです!丁度、大阪に帰る所用があったので、「 この本は大阪で買おう!」と思い立ち、帰阪して書店に向かいました。「 これ平積みしてなかったら大阪の本屋ちゃう!」とか思ってるとレジの側の新刊コーナーに平積みされており、「 さすが大阪の本屋!」とか喜んでる姿は端から見てると変だったと思います(笑)

久々に書いたBLOGがめちゃくちゃ長くなりましたが、日限さんの視点からではありますが大阪ユース・カルチャー史、文化史的にも非常に貴重な本で、DJやクラバーはもちろん、大阪でいま遊んでる人、そして遊んできた人は読んで欲しい1冊。街の歴史をこういう切り口で語った本は他にはないんじゃないでしょうか?いま遊んでる場所がどういう風にできたかを知ればより街を楽しめるはず。

ミナミで遊んだことのある人は必読!


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
はじめまして(かな?)

私のブログで
ここの記事を紹介させていただきました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/zero_ug/archives/53655729.html
です。

よろしくお願いいたします。

2007/04/06(金) 03:56:56 | URL | ズィロ #-[ 編集]
どうも
初めまして。

ご紹介ありがとうございます。
これからも、のんびりと音楽を紹介していくつもりで、よろしくお願いします。
2007/04/08(日) 22:04:11 | URL | 蟻 #-[ 編集]
はじめまして!
いきなり書き込んですみません。

今、大学で日限萬里子さんについて調べています。
「ループ」「パームス」、「LIFE」、「QOO」のあった場所が分かりません。

ご存じでしたら教えてもらえないでしょうか?
2007/12/19(水) 19:49:15 | URL | taka #-[ 編集]
takaさん

どうも、初めまして。
日限萬里子について調べられてるなんて、
素晴らしいですね。

各店の場所ですが、LOOPはちょっとわかりません。

パームス(→?→CLUB FLATt→閉鎖)
大阪市西区南堀江1-1-12 浅尾ビルB1F
http://club.cyber-style.jp/club_detail.php?cid=8

LIFE(→シーラカンス→閉鎖)
大阪市西区南堀江2-9-28
http://eonet.jp/shop/column/machiteki/index_040901.html

Qoo(元ライブハウス W’OHOLと同じビルの最上階)
大阪府大阪市浪速区難波中1-4-4 HEAVENビル
(僕の記憶が正しければ)

詳しく調べられたいなら、
駄目もとでMeets Regional 編集部に相談されたらどうでしょうか?
Meets Regional別冊『 日限萬里子と大阪ミナミの30年 』という本も出してますし。

もしかしたら色々アドバイス貰えるかもしれませんよ。
保障はできないんですがw

頑張ってください!
2007/12/20(木) 12:28:23 | URL | 蟻 #-[ 編集]
今はもうやってないんですね↓

場所が分からず困ってたところでした。
わざわざありがとうございます!一度行ってみようと思います。

2007/12/20(木) 14:46:24 | URL | taka #-[ 編集]
takaさん

ミュゼ大阪 ~MUSE OSAKA~以外はもう随分前に無くなってます。

LIFE、パームス、Qooの入ってたビルはまだ解体されていないと思うんですが。
ちなみに梅田に移転してからのQooには日限さんは関わっていらっしゃらないと思います。
ループは昔すぎて、全然わかりませんw

Qooあたりを記憶されてる方も若くて、35歳以上になるんじゃないかとw

完成したレポートは一度読んでみたいです♪
頑張ってください!
2007/12/20(木) 15:05:57 | URL | 蟻 #-[ 編集]
palms.
私の父(現在47才)が、若いころpalmsで働いていたそうです。
私は四国の田舎から京都に進学のためやってきたので、大阪へは気軽にいけるようになりました。

palmsというのが一種の伝説的な、有名な場所だと最近知って、急に興味がわいてきました。偶然娘の私は日限さんと同じ名前ですし(笑

明日、大阪へ行く用事があるので、浅尾ビルを見てこようと思っています。父に写メを送るつもりです。

こちらのサイトに住所や場所のリンクが張ってあったので、頼りに行ってみようと思います。とても助かりました。ありがとうございます。2009年現在も取り壊されていなければいいのですが。
2009/11/20(金) 01:58:06 | URL | まりこ #FvLIUmYM[ 編集]
パームス
私も学生の頃に2FのBARにて勤めており
日限さんには大変お世話になりました。
現在は横浜住まいにて大阪に住んでいたあの頃はとても
懐かしく良き思い出です。
この本には出ておりませんが南、551の焼売だったな?
近くの「パーティ」というお店や夙川にてもパームスを営業していたと思います。あの頃の南の深夜は
「ネスト」「ハッチ」なども元気な人達が一杯で楽しかったです。日限さんの弟、かっちゃんは元気でしょうか?

2010/09/20(月) 17:55:36 | URL | hide #-[ 編集]
まりこさん
私は小田原在住の43歳のオジサンです。
私が20歳の時1987年の夏にNEW YORKでまりこさんとお会いしたことがありますよ! 本当に元気のいい方でしたよ!大阪に今度ライフと言うクラブをオープンさせるので来てよ!って言ってたことは鮮明に記憶しています!2005年に亡くなっていたことを今日知りました。残念です。御冥福をお祈り致します。
2010/09/25(土) 04:41:36 | URL | まさ #-[ 編集]
Re: palms.
>まりこさん
レスが遅くなり、本当にすいません。遅すぎですね。。。

その後パームスのあった場所へは無事に辿り着けたのでしょうか?
お父様が写真をみてどのように感じたのかな?と思っています。

お名前が同じなのは、もしかしたらお父様が日限さんのような
元気な女性になって欲しいとか思ってつけられたのかもしれませんよw

しかし、京都の大学に入学されたんですね。僕も京都の大学に通ってました。
京都は学生生活には最高の環境なので、色んな事を吸収していってください。
いいなあ、羨ましい。京都に帰りたいw

1年後の返信が届くかわかりませんが、
まりこさん、お父様はじめご家族の皆様がお元気でありますように。

では

2010/11/28(日) 02:17:50 | URL | 蟻 #-[ 編集]
Re: パームス
>hideさん

レスが遅くなり、申し訳ありません。

パームスで実際に働いていらっしゃった方からコメント頂けるとは思いませんでした!
ありがとうございます。しかも同じく大阪を離れられてるとは。

パーティや夙川パームスのお話は初めて聞きました。
本当はまだまだ沢山逸話があるんでしょうね。

私は日限家の皆様とは直接交流がありませんので、
勝博氏の現在は存じ上げないのですが、
満里子さんの弟さんですので、きっと元気にやられているのではないでしょうか。

どうもこのBLOGは随分前に書いた日限さんの記事が未だに読まれているようで、
嬉しいやら恐縮するやら、僕ごときですいませんという感じですw

時代は移り変わりましたが、僕はこうした大阪のバックグランドをそっと心に忍ばせて、
自分なりのペースで音楽活動を続けていくつもりです。

もしどこかで僕を見かけたら、遠慮なく声を掛けてくださいね。
ありがとうございました。


2010/11/28(日) 02:36:48 | URL | 蟻 #-[ 編集]
Re: まりこさん
>まささん

レスが遅くなって、申し訳ありません。
大丈夫です、世間一般的には僕もオジサンですw

NEW YORKでまりこさんとお会いしたとは!しかも23年前に!!!
素適なお話ですねー♪

それにしても、こんなBLOGに辿り着かれて訃報をお知りになったとは
やはりまりこさんと何かしらの御縁があったのでしょうね。
僕もご冥福をお祈りしています。

どうもこのBOLG記事はかなりの日限満里子さん縁の方に
ご覧になって頂いてるようで恐縮しています(汗)

コメントありがとうございました!

2010/11/28(日) 02:47:44 | URL | 蟻 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/01/14(金) 03:46:37 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/08/17(水) 11:30:31 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
私も60年代生まれの関西人として、それなりに関西の街づくりの創成期を、リアルタイ
2007/06/24(日) 01:19:39 | 神戸っ子の“目指せ!道楽の達人”
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。