FC2ブログ

蟻の音

DJ 蟻 a.k.a. SoniCouture~おとつかい~ offical Blog。Electronica,Breakbeats,Techno,HIPHOP,Dub,Rock,Classic等の音楽に関連するDISCレビューやLIVE・PARTYレポ、DJ・DTM機材、書物・映画・TVや社会問題等について新旧問わず取り上げていきます♪
symbol / susumu yokota
Susumu Yokota
SYMBOL

symbol.jpg

01.long long silk bridge
02.purple rose minuet
03.traveler in the wonderland
04.song of the sleeping forest
05.the plateau which the zephyr of flora occupies
06.fairy dance of twinkle and shadow
07.flaming love and destiny
08.the dying black swan
09.blue sky and yellow sunflower
10.capriccio and the innovative composer
11.I close the door upon myself
12.symbol of life, love, and aesthetics
13.music from the lake surface

Label: SKINTONE
Catalog#: STR-10
Released: 2004/10/27
Price:¥2,520(tax in)
http://www.susumuyokota.org/

このアルバムは2004年に出会った音楽の中でも、1,2位を争うぐらいの衝撃でした!
つうかNO.1!今までのYokota氏の作品とは全く違います。CULB系ではありません。

ElectronicaとClassicの幸せな邂逅。バロックあたりを中心としたオーケストレーションとエレクトロニカを見事に融合させており、電子音楽を芸術のレベルまで引き上げた記念碑的作品。そもそもCALSSICとは音響音楽の究極形態とも言えるわけで共通事項があることは周知の事実だった訳ですが、此処まで見事にやられると脱帽です!捨て曲一切無し!牧羊的かつ神秘的。優雅にして大胆。昼でも夜でも、朝でも夕方でも、晴れでも雨でも曇りでも、もちろん雪の日でもあいます。
そして何より聴いていると心が休まり、やさしい気持ちになれます。
yokota氏HPのアートワークをみてもらえば解かると思いますが、氏の美的感覚を音にまで反映させることのできた一つの到達点であると思います。
あまりに幻想的で、美というモノを追求し尽くした孤高の金字塔!
僕はこの作品を死ぬまで大切に聴き続けるつもりです。

竹村延和の「Child's View」「MILANO」「Finale」あたりが好きな人は是非!間違いなくハマリます!
スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
試聴してからずっと気になっていたアルバムを購入。ススムヨコタの2004年作品。全く知らない人なので検索しまくってみた。ススムヨコタは92年にデビュー。年以上に作品数でのキャリアは長く、変名プロジェクトも数多く持つ。元々はハウス畑出身。アシッド・ト
2005/04/04(月) 20:48:44 | No Need To Argue
   ■Artist : Susumu Yokota   ■Title : Symbol   ■Label : Skintone   ■Release : 2004   ■Sample : ♪ジャンルの垣根を飛び越えて感性溢れる音楽をクリエイトし続けるアーテ
2006/02/13(月) 00:22:26 | □□TUNE - IN□□
Designed by aykm.