FC2ブログ

蟻の音

DJ 蟻 a.k.a. SoniCouture~おとつかい~ offical Blog。Electronica,Breakbeats,Techno,HIPHOP,Dub,Rock,Classic等の音楽に関連するDISCレビューやLIVE・PARTYレポ、DJ・DTM機材、書物・映画・TVや社会問題等について新旧問わず取り上げていきます♪
携帯デジタル音楽プレーヤーおける圧縮による音質について
携帯デジタル音楽プレーヤーおける圧縮による音質について

前々から音楽をMP3(i-TUNEはAAC)等に圧縮した時の音質について取り上げてみたかったのですが、生来のサボり癖で未だ資料を集めて読んでるような状態です。が、ソウコウしているうちにitmediaさんが2005/04/14付けで興味深い特集記事を組まれていたので紹介します。特に2ページ目が重要です。

IT media 2005/04/14
メモリプレーヤーの“音質評価”は難しい!? http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0504/14/news003.html

読めばわかると思うのですが、いまi-podなどHDD・メモリプレーヤーが大流行しています。しかし僕は前から疑問におもっていたのですが、MP3などに圧縮すればデータはCDの約1/10程になるのに誰も音質について、何故指摘しないのだろうと。データ量的に言えば確かMDよりも更に少ないはずなんです。昨年のコピーコントロールCDの騒動の時に、我々が問題として主張したのは「動作保証が無い」と「音質が悪い」という事では無かったんでしょうか?
i-pod等を持ってる人に「音はどうか?」と訊くんですが、必ず「良いよ」と言い、「CDぐらい?」と訊くと「さあ?」と答えます。つまり特にマニアでもない限り、音質にはこだわってないんですね(笑)ちなみに上記のようなやり取りをした人の中には、CCCDに猛烈に反対していた人達も沢山います(笑)

「メモリプレーヤーの“音質評価”は難しい!?」の記事で興味深いのは匿名であれ220名もの人に、聴き比べをさせている点です。記事によると128Kbpsまでは「わかるが気にならない」、100Kbpsを境にして原音との差が如実に表れるということです。で、ここで注意する点は「128Kbps」。そうMP3ファイルのデータ量は128Kbpsです。つまり音質的にはキワキワのラインのちょい上ぐらいのものなんです。

ここでちょっと話は逸れます。音楽CDをデジタル・コピーしたら全く同じモノができると思っている方いませんか?実は「似て非なるもの」なんです。「え~嘘!」と思うかもしれませんが本当なんです。音楽業界の中では常識のようです。理論的には完コピできるはずなんですけど違ってしまうんです。原因はよく判らないようですが音が硬くなってしまったり、空気感・空間性が失われてしまったり、様々です。つまりCDのデジタルコピーですら、劣化してしまうのにMP3ならどうなるの?ましてや配信・受信環境もまちまち、家でCDを圧縮ファイルにする環境もまちまちなのに?と気にし出したら切りがない(笑)1月のサウンド&レコーディングマガジンの記事の中に、U2が過去の楽曲の音楽配信用のファイルの全てのエンコード,マスタリングをやり直したという内容がありました。音質に納得できなかったそうです。いまアーティスト・クリエーターサイドが一番悩んでるのが、この圧縮ファイルの音質のクオリティ・コントロールのようです。なんせせっかく今まで良い音を目指して努力してきたのに、聴く側が意図的に音質落すんですから大変です(笑)

では何が言いたいのかというと、雰囲気やデザインだけで中身を理解しないまま買って最高!とかでなく、こういった事も知った上で活用して欲しいなあ、と。割り切って使えば、ほんと良い商品ですしね。僕が買うなら、メモリ型かな。HDDタイプは衝撃に強いといっても音飛びするらしいし、いちいち入れるのも面倒なんで、iPod shuffle 1Gかな。USBメモリにもなるし(実はUSBメモリが欲しい♪)

蛇足: このBLOGでも最近紹介しましたがCDJの新製品は軒並みMP3対応型になってますが、もし本当にCLUBでMP3フォーマットを大音量でかけるとあからさまに音のスカスカ感が出て困ったことになると思うんで、気をつけてください。この機能は家で遊ぶようです(笑)(逆にスカスカ感を狙うのもアリかもしれないけど♪)

かなり大味に書きましたんで、知識的に間違ってる部分があればゴメンなさい。
何かキツイ指摘がきそうな気が...。 
スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
消されてるwwwwww
2005/04/19(火) 18:52:21 | URL | ぐはw #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.