FC2ブログ

蟻の音

DJ 蟻 a.k.a. SoniCouture~おとつかい~ offical Blog。Electronica,Breakbeats,Techno,HIPHOP,Dub,Rock,Classic等の音楽に関連するDISCレビューやLIVE・PARTYレポ、DJ・DTM機材、書物・映画・TVや社会問題等について新旧問わず取り上げていきます♪
juno / the moon in the womb
juno
the moon in the womb

20050203092013.gif
01.morning
02.ametori
03.yurumasu
04.first
05.haresora
06.voice
cd-extra haresora
Label: colous of tone
Catalog#: cot001
Released: 2004.05
Price:¥1,500(tax in)

このディスク・レビューを書いているいま、すでにjuno(ユーノと読むそうです)はこの世に存在していないようです。しかし、僕の中にその存在はしっかりと記憶されています。こういった方向になると連絡を受けた時、偶然にもこのBlogでjunoを取り上げようとしていた矢先でした。
蟲の知らせというやつでしょうか?
実はこのアルバム、僕の2004年のBest10枚のうちの1枚です。
junoはmitzさんとcheccoさんの2人からなるユニットでした。コンピューターで作られるelectronicaはどこか音がカタい印象があるのですが、junoの音はとてもやわらかい。Guitarなどの生音とミニマリスティックな電子音が絶妙のバランスで絡み合い、その中で歌うcheccoさんのやわらかく、しかし凛とした、涼やかな声がとても印象的です。絶妙のバランスの上に成り立つ音の響きは、何処かに遠くに誘ってくれるようです。
junoを知ったのは、昨年10月にtomzuin hさんのPartyでDJをやらせていただいた時、Live act.として出演されていました。音も素晴らしい上に、お二人の佇まいが絵になっており感銘を受けました。僕はLiveをみてすぐにこのアルバムを買い、お二人とbjorkが好きとか他愛もない話をしたことを良く覚えています。その後もう1度しかLiveをみることができなかったので、今年はもっとみに行こうと思っていた矢先のことで残念です。まだjunoを知ってからわずか半年程なのですが、短い間でも出会えただけ幸運だったのかもしれません。これからはjunoという音の記憶の刻まれた、このアルバムを大事に聴いていきたいと思います。

いろいろあたってみたのですが、現在購入できる所はわかりませんでした。どこかのレコード・ショップでみかけたら買ってみてください。きっと素敵な音の世界へ誘ってくれます♪
もし、販売店をご存知の方はご連絡ください。

今後のお二人のご活躍を祈って。
スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
うーん
気になるレビューですねー。音も聞いてみたいです。蟻さんのMIX CDが素敵だったのでぜひリアルタイムで聞いてみたい。DJの予定があったら連絡くださーい。
2005/02/03(木) 17:06:48 | URL | neru #-[ 編集]
>neru君
2/5は頑張って顔出すよ。
これからもよろしくね!
2005/02/04(金) 09:07:55 | URL | 蟻 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.