FC2ブログ

蟻の音

DJ 蟻 a.k.a. SoniCouture~おとつかい~ offical Blog。Electronica,Breakbeats,Techno,HIPHOP,Dub,Rock,Classic等の音楽に関連するDISCレビューやLIVE・PARTYレポ、DJ・DTM機材、書物・映画・TVや社会問題等について新旧問わず取り上げていきます♪
Sigur Ros / Takk...
01.Takk...
02.Glosoli
03.Hoppipolla
04.Meo Blodnasir
05.Se Lest
06.Saeglopur
07.Milano
08.Gong
09.Andvari
10.Svo Hljott
11.Heysatan
Label : EMI Records
Catalog#: 3372522 
Released: 2005/09/07
Price :¥1,994(tax in)
Sigur Rosのoffical HPはこちら
視聴はこちら     特集はこちら

ちょっと遅くなりましたがSIGUR ROSの3年振りの新作が発売されました。前作までまで所属していたFatCat Recordsを離れ、EMI Recordsからのリリースなんですが、今作は何と言うか、何と書けば良いのか...。希望に満ちた素晴らしい作品に仕上がってます!
前作『()』は傑作2nd『ágætis byrjun』で突然ブレイクしてしまい、突然起こった世界的評価のプレッシャーと過密スケジュールの中で自分自身を見失わないように必死で作られた物であり、素晴らしくはあったが非常に内向的な作品でした。とても美しくはあったが、その反面重いバイブレーションに包まれており、今思うとある種かなり聴き手を限定してしまっていたような気がします。それにも関わらず2ndに匹敵するぐらいのセールスも残し、世界的評価も更に上がったことにより、ある種の自信と自分達の置かれた状況に上手く折り合いをつけることが出来たのではないでしょうか?
「ありがとう・感謝」という意味を持つ今作『Takk...』。全ての音が希望に満ち溢れ、前向きに鳴らされた、光を纏った最高に美しいアルバムです!前作の内向的な美しさを求めていた人は、このポジティブさに安否両論があると思いますが、僕はこのアルバムは好きです!これ最高♪前作は夜の音楽でしたが、今作は昼のALBUM。まさに『()』と『Takk...』は陰と陽、影と光、完全に一対の立ち位置になってると言っても良いのではないでしょうか?
③⑥⑦の持つ、この幸福感・上昇感が今作の全てを物語ってると思われます。タワレコでは「今年の最も美しいアルバムに決定!」とか書いてありました。う~ん、わかる(笑)
2005年の音楽を語る上で絶対に避けて通れない傑作!まだ聴かれてない人は是非!

しかし、どちらのアルバムを聴いても泣きそうになるのは何故だろう(笑)


スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
昨夜は
ありがとうございました。。。
まさか、別の地へ行ってしまっているとは知らず、なんだか面倒お掛けしました。ありがとうございました。。。
2005/10/09(日) 17:40:59 | URL | おがた #5I353XiY[ 編集]
おつ!
いや、おいらがちゃんとメール見ていなかっただけですw
次はもっとゆったり遊びに行きたいんで、よろぴく!
2005/10/10(月) 11:39:37 | URL | 蟻 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
   ■Artist : Sigur Ros   ■Title : Takk...   ■Label : EMI   ■Release : 2005   ■Sample : ♪   ■Music Video : *Sigur Rosのおよそ3年ぶりとなる4thアルバム。とにかく開
2005/12/10(土) 19:07:50 | □□TUNE - IN□□
Designed by aykm.