FC2ブログ

蟻の音

DJ 蟻 a.k.a. SoniCouture~おとつかい~ offical Blog。Electronica,Breakbeats,Techno,HIPHOP,Dub,Rock,Classic等の音楽に関連するDISCレビューやLIVE・PARTYレポ、DJ・DTM機材、書物・映画・TVや社会問題等について新旧問わず取り上げていきます♪
Merck Records閉鎖!
Merck Records閉鎖!

L-150-434-001.jpg


We are both sad and happy to announce that this will be the last year of Merck Records. Once we have released 50 cds and 50 vinyls sometime mid 2006, we will stop releasing new material. We have many reasons for this, in the interest of briefness we will just say that its time to move on. After we have completed 100 total releases (currently at 81) we will sell off our remaining stock and there will be no more represses. We thank ALL the people who have supported us over the years, you have made this possible.

Merck Records offical HPはこちら
machine drum が所属したELECTRONICA HIPHOPの雄 Merck Recordsが閉鎖される模様。新しいLEABELへとシフト・チェンジでもないそうで、完全に終焉です。一時期はELECTRONICA系の代表レーベルとして鳴らしていたのですが、ここ最近はあまりパッとせず、こういう結末に至ったようです。
僕も以前はここの12インチを良く買ってました。いつから買わなくなったんだろう?思い返せば、machine drumがkristuit salu vs. morris nightingaleを引き連れて吉祥寺STAR PINE'S CAFEでLIVEやった頃が絶頂期だったんでしょうねぇ。楽しかったなあ♪kristuit saluがmachine drum喰ってたけど(笑)(あまりに良かったんで、持ってるのに会場でもう一枚同じヤツ買って、kristuit saluにサイン貰ってしまいましたw)

ここ最近、囁かれているのが、UNDERGROUND MUSIC全体のセールスが落ちていること。いま主要レーベルでも1000枚プレスを捌くのがやっとな状態だそうです。FROGMAN RECORDSのken-go氏もBLOGでちらっと述べています。force inc.倒産以降、相変わらず状況は切迫して、増々悪くなっているようです...。

メジャーレーベルなんか、もう開き直って過去の名盤を復刻して投売りして何とか保ってる状況ですもんね。インディペンデントな小レーベルはかなりキツいはず。ハァ~...。

唯一の希望は、初期投資・在庫を抑えられるNET配信でインディペンデント・レーベルが何処まで認知され、活躍できるかですね。これが駄目なら文化的な後退が起きると思います。

Merckは残念な結果に終わりましたが、電子音楽史を紐解けば必ずその功績は取り上げられ、讃えられるでしょう。それ程、音楽シーンに影響を与えた素晴らしいレーベル!

素晴らしい音楽を紹介してくれて、ありがとう!Merck Records!

スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.